2018年新卒入社
何度も打ち合わせを重ね、製品が完成した時は、
まるでプラモデルを作り終えたような達成感でした。
何度も打ち合わせを重ね、製品が完成した時は、まるでプラモデルを作り終えたような達成感でした。
Y.G. / 明石営業所
1
1
Slide

2018年新卒入社

何度も打ち合わせを重ね、製品が完成した時は、まるでプラモデルを作り終えたような達成感でした。

Y.G. / 明石営業所

Slide

歴史ある企業でありながらも
挑戦を応援してくれる

歴史ある企業でありながらも
挑戦を応援してくれる

Q.入社前とのギャップは?

そもそも商社の営業職はどこもハードワークなんだろうなと思っていました。そんな中でスギモトは、18時半完全退社制度などワークライフバランスが確立されていて、想像以上に働きやすい環境でした。また、入社後早期の段階からお客様を任せてくださったり、若手社員でも大きな仕事に抜擢されるチャンスがあったりと、歴史ある企業でありながらも挑戦を応援してくれる点も大きなギャップでした。

Q.仕事のやりがい

お客様から「助かった」「ありがとう」というお言葉をいただけた時に一番のやりがいを感じます。スギモトはお客様との距離感が近いので、より一層感謝の気持ちを感じることができると思います。また、先輩や上長に対して質問しやすい社風なので、日々成長を体感しております。私にとって感謝いただける事・成長から得ることができる達成感がスギモトで働く醍醐味です。

Slide

自分自身を最大限に活かせる

自分自身を最大限に活かせる

Q.入社の決め手は?

私の就職活動は業界を絞るなどの軸を定めることをせず、自分に合ってそうだなと感じる企業のみ説明会に参加しました。スギモトはその中の1社という立ち位置でしたが、選考過程で営業同行のインターンがあり、働いている社員さんがイキイキしていて、この会社なら自分自身を最大限に活かせるかもしれないと思い、入社を決めました。

Q.仕事で心に残っているエピソード

入社2年目の頃から担当させていただいているお客様で、ご使用中の窯を透明の樹脂で製作したいと加工品の依頼がございました。例えるなら超緻密なプラモデル作りで、製造難易度が非常に高く何度も諦めかけました。お客様と打ち合わせ・試作を重ね、製品を納品することができました。試行錯誤を重ねて創り上げたあの喜びは今も鮮明に覚えています。